TOPICS

年賀はがきを買う前に確認しておきたい!はがきの種類と料金

年賀はがきを買う前に確認しておきたい!はがきの種類と料金

日本郵便株式会社より年末年始にかけて販売される年賀はがきには、はがきの種類ごとに料金が分かれているのをご存知でしょうか。

ご家庭でのプリントに適した年賀はがきや、購入時に寄付ができる寄付金付年賀はがきなど、毎年さまざまな年賀はがき発売されています。

この記事では、年賀はがきを買う前に確認しておきたいハガキの料金と種類をご紹介します。(※本記事は2017年6月9日に執筆しました。)

年賀はがきの料金は大きく分けて3種類

2016年に販売された年賀はがきの料金は、大きく分けると3種類になります。

年賀はがきのデザインや年賀はがきの質感が異なるものが何種類も用意されていますので、送り先の相手や自身の状況などの観点から選んでみるとよいかもしれません。

  1. お年玉付き郵便はがきは1枚52円
  2. インクジェット写真用は1枚62円
  3. 寄付金付お年玉付郵便はがきは1枚57円

お年玉付き郵便はがきは1枚52円

発行枚数が一番多く、年賀状としてよく使用されるお年玉くじが付いた郵便はがきです。

一般的な年賀はがきと呼ばれる単面無地のほか、最近ではキャラクターとコラボした年賀はがきが発売されるなどデザインのバリエーションが豊富にあります。

単面無地
一般的な郵便はがきと同じ質感のはがきで、最も使用されるスタンダードはがきです。古紙が40%配合(再生紙)されているので、ボールペンや筆ペンの書き心地も良いと言われています。うら面は無地のため、使い勝手がよく手書きメッセージやスタンプなど自由に入れて年賀状を作成することができます。
くぼみ入り
目の不自由な方に、上下・表裏を容易に区別していただけるようにおもて面の左下に半円のくぼみが入った年賀はがきです。
インクジェット紙
ディズニーキャラクター年賀(インクジェット紙)
ハローキティ年賀(インクジェット紙)
インクジェットプリンタでの印刷を想定して作られた年賀はがきです。うら面に対してコーティング加工が施してあり、インクの滲みが少なく綺麗に印刷することができます。主に家庭用インクジェットプリンタで利用されています。
いろどり年賀(もも/インクジェット紙)
はがき全体に、もも(ピンク)色味がついている年賀はがきです。おもて面・うら面ともに新年を飾るめでたい絵柄に変わっています。はがき自体に色味があるので、写真やイラストなどを印刷する場合は、色味が変わることがあるので注意が必要です。

インクジェット写真用は1枚62円

インクジェット写真用
写真がはいった年賀状を想定して作られた年賀はがきです。用紙自体に光沢感があり、鮮やかな発色が期待できます。なお、染料系インクジェットプリンター専用となっているので、ご家庭のプリンターを使っての印刷は、注意しましょう。

寄付金付お年玉付郵便はがきは1枚57円

はがき1枚の購入につき、5円の寄付ができる年賀はがきです。

集められた寄付金は公募から選ばれた社会貢献事業や東日本大震災および平成28年熊本地震の被災者救助・予防(復興)などの活動に配分され役立てられます。

絵入り(全国版・1種類)
うら面に干支のイラストが入った年賀はがきです。はがきに対して既にイラストが入っているので手書きのメッセージを添えるだけ新年のご挨拶にぴったりの年賀状を作ることができます。
絵入り(地方版・30種類)
北海道・東北・関東・東海・九州・沖縄などの地方ごとのほか、各都道府県にある風物のイラストが入った年賀はがきです。その地方の特徴が伝わるので遠方の方へのご挨拶におすすめです。

参考URL - 日本郵便
2017(平成29)年用年賀葉書のデザイン(PDF)

2017年6月1日から郵便はがき料金が値上げ

2017年6月1日(木)から郵便はがき(第二種郵便物)の料金が52円から62円に値上げされました。

年賀はがきについては、値上げ対象には含まれず1枚52円で据え置きです。ただし、切手を貼って投函する私製はがきで年賀状を送る場合は、はがきの表面に「年賀」の文字を朱記する必要があります。

「年賀」の朱記がない場合、料金不足で戻ってくるケースが考えられますので注意しましょう。

まとめ

  • 年賀はがきの料金は大きく分けて3種類
  • 年賀はがき1枚当たりの料金は52円~62円
  • 郵便料金改定でも年賀状の郵便料金は52円で据え置き
  • 切手を貼って送る私製はがきの場合は「年賀」の朱記を忘れずに。

年賀はがきといってもこれだけの種類と料金があったのをご存知でしたでしょうか。

スタンダードな単面無地タイプも使いやすいですが、送る相手によってはがきの種類から変えてみるのも面白いのではないでしょうか。

2018年版の年賀はがきの発表を楽しみに待ちましょう!