セメントプロデュースが手がける、メガネ加工技術で作った耳かき「Sabae mimikaki」はグッドデザイン賞受賞

CEMENT PRODUCE DESIGN セメントプロデュースデザイン

テレビで話題!中小企業・工場の強みを見つけ、次々とヒット商品へとプロデュースする「セメントプロデュースデザイン」。
セメントプロデュースデザインの手がける、逸品はプレゼントにもぴったり!

Sabae mimikaki 鯖江みみかき

Sabae mimikaki (鯖江みみかき)

職人の腕を存分に発揮して実現した「Sabae mimikaki」。
緻密で高い製造技術を応用し、伝統あるメガネの加工技術を駆使、メガネ素材の加工メーカーにて職人の手で1点ずつ作られています。素材にはメガネのフレームに使われている、「セルロースアセテート生地」を使用。熱に弱いセルロースアセテートを、真っ直ぐに保たせなければならないという課題を解決するため、柄の部分にチタンの芯を挿入し、強度を確保しました。チタンを真っ直ぐに差し込む技術も、元々はメガネのテンプルに差し込む既存の技術。職人の腕を存分に発揮して実現した商品です。
耳かきの柄の部分はメガネを模したデザイン。ケースに収納すると、パッケージに描かれた紳士や少女が、まるでメガネをかけているような、遊び心溢れる仕様となっています。“かける”から“かく”をキーワードに、ポップなカラーリングやデザインは、手に取る度に日々のグルーミングを楽しい気分にさせてくれます。

2013年「GOOD DESIGN AWARD 2013」グッドデザイン賞を受賞、2016年「OMOTENASHI Selection(おもてなしセレクション)2016」受賞、「The Wonder 500™」に認定されています!

Trace Face トレースフェイス /Knit wear

Trace Face (トレースフェイス)/ Knit wear

愛知県瀬戸市で陶磁器の型製造を本業とする、原型職人と共同開発した「Trace Face」。
陶器の原形に細やかに施された模様は手彫りの技術を生かし、温かみを感じるニット柄をカップに再現しました。素材感が伝わる質感になるよう、できるかぎり素焼きに近づけるため、あえて外側には釉薬を塗らず、しっとりと手に馴染むように仕上げています。陶磁器では表現するのが難しいと言われていた異素材の質感を、原型職人だからこそできる技で見事に表現しています。

「手編み」ならぬ「手彫り」のTrace Faceは、どんなシーンにも合い、緑茶や珈琲、紅茶、ちょっとした茶菓子など、入れるものを選びません。また、洋室、和室、オフィスなど、どんな場所にも馴染みます。カップの内側に色をつけたカラーバリエーションは、優しい色合いの4色(ブルー、ピンク、グリーン、ホワイト)がございます。

    
1

比較検討する

気になる商品のにチェックして「比較検討する」ボタンをクリックで商品の詳しい比較が可能です。

1

比較検討する

カテゴリー