TOPICS

近年注目されているガントチャート手帳、どれを選ぶ?どう使う?

注目のガントチャート手帳

ガントチャート手帳をご存じでしょうか?

もしご存じなら、かなりの手帳フリークです。

ここ2~3年、手帳業界では人気に火がついていますが、まだその名は全国区ではありません。

ガントチャート(Gantt chart)とは、左から右に日付が並び、予定・行程・プロジェクトなど、数日に渡る期間を記すための表の一種です。

期間をひと目で見ることができ、管理できます。

約100年前のアメリカ、機械工学者・経営コンサルタントであったヘンリー・ガントによって考えられたといわれています。

その表を手帳に取り入れたのがガントチャート手帳です。

主なガントチャート手帳をご紹介しましょう。

元祖!アートプリントジャパンの A5サイズ ガントチャート手帳

アートプリントジャパンのガントチャート手帳
アートプリントジャパンのガントチャート付き手帳

2013年に発売されてから、確実に地位を築いてきたこちらの手帳。

いままで、一部に採用などと肩身の狭かったガントチャートを、見開きの1面にまるまると1ヶ月載せたところ、これが成功!

大きく載せたことでガントチャートをしっかり使えるようにしました。

TVなどでも紹介されるようになり、じわじわと人気が広まりました。

老舗メーカー ダイゴーのガントチャート手帳

ダイゴーのガントチャート手帳
ダイゴーのプロジェクト手帳

さすが老舗メーカーだけあって、進化させたガントチャートを発売!

見開きの1面で、ガントチャート(期間ざっくり)と、ブロックマンスリー(文字書き込み)を両方見られるようにした斬新なレイアウト。

これに釘付けになったビジネスパーソンは多く、大ヒットしました。

伊東屋もついに参加!さらに便利になりました。

2018年版から、見開き3ヶ月ガントチャートを掲載しました!

伊東屋オリジナル24時間手帳・週間手帳・片面週間手帳、カラーチャートダイアリー各種の巻頭部分にあります。

3ヶ月分ずつなので、コンパクトではありますが、利用しがいがあります。

本来の使い方でなくてもイイ

「そんな出張もないし、期間とか工程とか関係ないし・・・」という、あなたにもガントチャートは使えるのです!

  • ある百貨店スタッフの、「取引先営業さんが来た日チェック」
  • 女性の「毎月の体調管理」や、「体重・血圧管理」など

使い方に制限はありません。

レイアウトにインスパイアされるまま試してみてください。

おわりに

ガントチャート手帳に限らずではありますが、ヒトは“人気のあるもの”に惹かれます。

まずは使ってみて自分に合うかどうかをよく見定め(使い定め)てください!

「最近手帳を持ち歩いていない」「書いていない」ときは、合わないかものサインです。他の手帳にも目を向けてみてください。

逆にガントチャートを使ったことがない、見たことがないかたには、ガントチャート手帳は「目を向けるべき対象」であることをお伝えしておきます!

まとめ

  • ガントチャートは数日に渡る期間をひと目で見ることができ、管理できます
  • 主なガントチャート手帳を扱うメーカー:アートプリントジャパン、ダイゴー
    2018年から伊東屋でも見開き3ヶ月ガントチャートを掲載
  • 使い方に制限はありません。日々のチェック表として使ってみましょう